top of page

フィリピンのアグサン湿原に住む先住民族マノボ。水に浮かぶ竹の家がこの先住民族を台風から守るフィリピン先住民族マノボ

フィリピンのアグサン湿原に住むマノボ先住民コミュニティは、洪水、水位上昇、台風に耐えられる水上家屋に住んでいます


アグサン湿原では、気候変動により地元住民の日常生活が混乱しています。洪水の季節は現在、一年中あり、嵐や台風の激しさは著しく増しています。しかし、フィリピン先住民族マノボは水上での生活をマスターしました。彼らの伝統的な竹の家は水の上に浮かび、台風、嵐、洪水に強いです。


60年前に建てられたこれらの竹の家は、水の流れに沿って設計されており、湿原の環境変化に非常に適応できるように設計されています。今日、マノボ族は日々変化に対処しなければなりません。水位は最大 10 メートル(32.8 フィート)変動する可能性があり、洪水の季節が不安定になっているため、非常に予測が困難です。

竹で作られた家
フィリピン先住民族マノボは竹の上に作られた家で生活をしています






フィリピン先住民族マノボとAgusan Marsh Wildlife Sanctuary

アグサン・マーシュ・ワイルド・ライフ自然保護区


フィリピン先住民族マノボが住むアグサンマーシュ野生生物保護区は、フィリピンのミンダナオ島アグサンデルスルにある保護地域であり、フィデルV.ラモス大統領によって宣言されています。湿地帯は、アグサン川流域の真ん中にあるため、スポンジのように機能します。その湖の中には、いくつかの浮かぶコミュニティがあります。

ミンダナオ島地図
フィリピン先住民族マノボ

8V88+MM7, San Francisco, Agusan del Sur



アグサン湿原の概要

アグサン湿原(Agusan Marsh)は、フィリピン南部のミンダナオ島に位置し、約110,000ヘクタールの広さを持つ湿地帯です。この地域は、生物多様性が非常に豊かで、様々な動植物が生息しています。また、重要な水源地であり、洪水防止や水質浄化などの環境機能も果たしています。


マノボ先住民

マノボ(Manobo)はフィリピンの先住民族の一つで、ミンダナオ島に多く住んでいます。彼らは独自の文化、言語、伝統を持ち、長い間アグサン湿原周辺に暮らしてきました。


生活と文化

1. **生計**:

- マノボの人々は主に農業、漁業、狩猟採集を生業としています。

湿地の豊富な資源を利用して、持続可能な方法で食料を得ています。

- 稲作やタロイモの栽培、魚の養殖などが一般的です。


2. **住居**:

- マノボの住居は通常、湿地や河川沿いに建てられた高床式の家屋です。これにより、洪水や湿気から住居を守ることができます。


3. **文化と伝統**:

- マノボは豊かな口承文化を持ち、伝統的な歌、踊り、物語を通じて歴史や価値観を次世代に伝えています。

- 彼らは自然と深い結びつきを持ち、森や川を神聖視し、環境を保護することを重要視しています。


持続可能性と環境保護

マノボのコミュニティは、自然資源を持続可能に利用する方法を長年にわたり実践してきました。彼らの伝統的な知識と方法は、環境保護において重要な役割を果たしています。


挑戦と課題

現代において、マノボのコミュニティは様々な課題に直面しています。土地の開発、環境破壊、気候変動などが彼らの生活や文化に影響を与えています。また、外部からの影響により、伝統的な生活様式が変化しつつあります。


保護と支援の必要性

マノボの人々の文化と生活を保護するためには、彼らの権利を尊重し、支援することが重要です。政府やNGO、国際機関は、持続可能な開発や環境保護の取り組みを通じて、マノボのコミュニティを支援する努力を続けています。


アグサン湿原に住むマノボ先住民コミュニティは、豊かな文化と伝統を持ち、自然との共生を実現してきました。

Comments


bottom of page