top of page

フィリピンの季節と気候

フィリピンの気候は主に熱帯性気候であり、1年を通じて高温多湿が特徴です。以下に、フィリピンの季節と気候について詳しく説明します。



フィリピンには4つの季節はなく、主に2つの季節があります:


1. **乾季(ドライシーズン)**

- **寒季(アミハン)**: 11月から2月にかけて、北東モンスーンの影響で涼しくなります。この時期は降雨量が少なく、観光に最適な時期です。

- **暑季(夏季)**: 3月から5月にかけて、気温が最も高くなり、非常に暑くなります。平均気温は30度以上に達することが多いです。


2. **雨季(ウェットシーズン)**

- **雨季(ハバガット)**: 6月から10月にかけて、西南モンスーンの影響で多くの雨が降ります。この時期には台風も多く発生し、洪水や土砂崩れのリスクが高まります。


気候

フィリピンの気候は、以下の要因によって異なります:


- **地理的位置**: フィリピンは赤道近くに位置しているため、年間を通じて気温が高いです。

- **地形**: 山地や平地、沿岸部などの地形によって気候が異なります。例えば、山岳地帯では平地よりも涼しい気候です。

- **モンスーン**: モンスーンの風向きによって降水量が大きく変わります。北東モンスーン(アミハン)は乾燥した風をもたらし、西南モンスーン(ハバガット)は湿った風をもたらします。


平均気温と降水量


**気温**: 年間を通じて平均気温は約25〜30℃です。乾季の寒季には気温がやや下がり、

      暑季には気温が上昇します。

- **降水量**: 雨季には降水量が増え、特に7月と8月は最も多くの雨が降ります。年間降水量は地域に よって異なりますが、1,000〜4,000mmです。


主要都市の気候


**マニラ**: 年間を通じて高温多湿で、特に5月が最も暑い月です。雨季には大量の降雨があり、乾季には比較的乾燥しています。


**セブ**: マニラに比べて若干涼しい気候で、乾季と雨季がはっきりしています。


**ダバオ**: 年間を通じて温暖な気候で、雨季でも比較的少ない雨が降ります。


台風

フィリピンは台風の通り道に位置しており、年間平均20個の台風が発生します。特に6月から11月にかけては台風シーズンとなり、災害対策が重要です。


このように、フィリピンの気候は熱帯性であり、季節の変化は主に降雨量と風向きによって決まります。


雨季のマニラ


Comentarios


bottom of page