top of page

フィリピンの家庭料理 チョコレートを使ったChamporado



チョコレートとお粥
チョコレート粥

Champoradoは、フィリピンの伝統的なチョコレートライス粥で、主に朝食やおやつとして食べられます。この料理は、スペイン統治時代に導入されたメキシコの「チャンポラード」という料理から影響を受けていますが、フィリピンでは独自の進化を遂げています。


材料

基本的なChamporadoの材料は以下の通りです:

- **もち米**(もち米、ジャポニカ米とも呼ばれる)

- **カカオタブレット**(タブレアとも呼ばれる、フィリピン産の純粋なカカオ)

- **砂糖**

- **水**

- **牛乳**(エバミルクやコンデンスミルクも使用されることがあります)


作り方

1. **もち米を洗う**:もち米を水で洗います。

2. **米を煮る**:鍋に水を入れて、洗ったもち米を加え、中火で煮ます。

3. **カカオを溶かす**:カカオタブレットを加えて、完全に溶けるまで混ぜ続けます。

4. **砂糖を加える**:砂糖を加え、好みの甘さに調整します。

5. **牛乳を加える**:最後に牛乳を加え、クリーミーに仕上げます。


サーブ方法

Champoradoは温かい状態で食べることが一般的ですが、冷やしても美味しくいただけます。トッピングとしてエバミルクやコンデンスミルクをかけることが多く、塩味の強い乾燥魚(ツゥヨまたはディラワ)を添えることもあります。この塩味の魚が、甘いChamporadoとのコントラストを楽しむためのアクセントになります。


文化的背景

Champoradoはフィリピンの家庭で親しまれており、特に子供たちに人気があります。雨の日や寒い日に食べると、温かくて満足感が得られる料理です。また、クリスマスや新年などの特別な行事でもよく登場します。


Champoradoはフィリピン料理の中でも特にユニークな存在で、伝統的な要素とコロニアルな影響が融合した一品です。シンプルでありながら深い味わいがあり、多くのフィリピン人にとっての心のこもった家庭料理です。



Comments


bottom of page