フィリピン国内でロケ撮影をされる際について

●フィリピン政府撮影許可証 (IPC PRESS ID)

フィリピン政府機関 インターナショナルプレスセンターよりフィリピン国内で撮影をするためのプレスIDを取得する必要がございます

リクエストレター・企画書(英文)など撮影に関する情報とフィリピン国内で撮影させるクルーの方々の個人情報を

提出してプレスIDを取得します

 

また申請料が1名様毎にかかります。詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお尋ねください

個人撮影につきましても、許可を申請する必要がある区域などもございます

 

●撮影機材通関

国外よりフィリピン国内に持ち込まれる撮影機材を通関させるための申請です

Manila Ninoy Aquino International Airport (MNL)

Mactan–Cebu International Airport

Clark International Airport

入国で利用される空港カスタムへ申請書を提出する義務がございます

詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお尋ねください

 

 

●フィルム通関又は、検閲免除手続き
 

撮影済のフィルム及びテープは政府機関の検閲が必要となる場合がございます

●ロケハン・取材代行

ロケハン・ビデオ撮影取材・写真取材を代行致します

収集したデータ・資料はクラウドを通じてお送りさせて頂きます

使用する機材(カメラ・音声など)のご要望がある場合はお伝えください

 

●フィリピン 各ロケ地 撮影許可申請

管轄市庁、警察署など現地の撮影許可の書類を英文で作成・申請手続きを代行いたします
 

申請地でのエントリー料金が別途必要となります。

ロケ地にて直接お支払い頂く場合もございますのでご了承ください

公道・モール・教会・ビーチ・農園・刑務所などフィリピンロケには必ず許可申請が必要となってきます

 

*申請の流れ

1.各ロケ地及び管轄市庁に英文のレター(企画書)を送ります【時間を要する場所がございます】

2.許可承諾

3.現地書類提出【謝礼金が発生する場合がございます】

4.ロケ

●撮影ロケコーディネーター

アテンド、ロケスケ作成及び管理、通訳、現場折衝交渉を含む
英語・日本語・タガログ語(フィリピン現地語)・ビサヤ語(フィリピン現地語) に対応した

現地に精通したコーディネーターが皆様のロケをサポート致します

インタビューなどで専門的な用語や内容をお求めの場合は現地通訳者を手配致します

●ドローン撮影

 

フィリピン国内の撮影に関して規定がございます

大きくは2つあり、市町村からの撮影許可と、ドローンの使用許可になります。

 

市町村の撮影許可に関して必要なのは、会社のロゴの入った英文のリクエストレター(各市町村長宛)で、

撮影日時、目的、媒体、クルー(会社名)の名前などを明記したものを提出し撮影許可申請を行います

 

また許可料が発生します(市町村からの領収書が発行されます)

 

ドローン撮影はこれとは別にCAAP(Civil Aviation Authority of the Philippines)の許可が必要で、

該当のドローン機が同局に登録されている必要があります

 

許可承諾に時間を要したり、謝礼金が発生したりと日本とフィリピンの撮影に対する認識や対応が

違います。ぜひご理解・ご了承いただけたら幸いでございます

フィリピン撮影において、クルーの皆様がストレスなく円滑に撮影が行えるよう

弊社スタッフ一同、全力で務めさせて頂きます