top of page

GPT-4o に 海外フィリピン ロケコーディネーターについて聞いてみました

更新日:5月24日

海外ロケコーディネーターは、主に映画やテレビ番組の制作において海外での撮影をサポートする業務を担当します。具体的な業務内容は以下の通りです


  1. ロケ地の調査と選定:撮影に適したロケーションをリサーチし、制作側や監督と協力して最適な場所を選定します。

  2. 許可手続きの管理:撮影許可やロケ地の手配を行うため、地元の規制や手続きを遵守し、必要な許可を取得します。

  3. 現地スタッフの手配:通訳や案内役、地元の労働者などのスタッフを手配し、撮影現場での円滑なコミュニケーションを支援します。

  4. 現地物資の手配:撮影に必要な機材や物資の手配を行い、ロケ地でのスムーズな作業をサポートします。

  5. 現地の文化や言語に関するアドバイス:異なる文化や習慣に配慮しながら、現地の言語や常識を理解し、制作チームに適切なアドバイスを提供します。

海外ロケコーディネーターは、プロジェクトを成功に導くために、交渉力や問題解決能力、そして地道なリサーチが必要とされます。


Q.優秀なロケコーディネートとは


優秀なロケコーディネートとは、以下のような要素が含まれます:

  1. プロフェッショナリズム:細部に至るまで丁寧かつ効果的に撮影のための準備を整え、スケジュール通りに進行させることが重要です。

  2. 柔軟性:急な変更や予期せぬ問題にも迅速に対応し、スムーズな撮影を実現するための対応力が求められます。

  3. コミュニケーション能力:制作チーム、現地スタッフ、そして撮影許可の関係者と円滑にコミュニケーションを図ることが重要です。

  4. 地元知識とネットワーク:地元の文化、言語、法律に関する知識を持ち、地元のネットワークを活用して問題解決やスムーズな進行をサポートします。

  5. 組織力と効率性:複数の業務を同時にこなし、さまざまな要素を調整して円滑に進行させる能力が求められます。

優秀なロケコーディネートには、綿密な計画から臨機応変な対応まで幅広いスキルが必要です。


AIの回答には驚きしかありません。ここフィリピンは言語はもちろんですが、習慣も文化も日本とはかなり異なります。日本人の考え方や気持ちもわかりつつ、フィリピンの方々とうまく連携を図ります


ディレクターの台本のイメージ通りにロケを遂行することの難しさもありますが、100%以上のものが撮れた時の感動と達成感はたまらなく気持ちの良いものです


フィリピンでロケができて良かった、またフィリピンでロケをしたいと思ってもらえるように、日々精進していくことに努めていきたいと思います







댓글


bottom of page