top of page

5/28 National Flag Days フィリピン国旗の日


フィリピンの国旗
フィリピンの国旗の日

フィリピンの国旗の日は、毎年5月28日から6月12日までです。

この期間は、フィリピンの旗の歴史的な重要性と独立のための戦いを記念します


5月28日: この日は1898年のアラパンの戦いの記念日です。この戦いで、エミリオ・アギナルド将軍率いるフィリピン革命軍はスペイン軍に対して重要な勝利を収めました。この戦いの最中に、フィリピンの旗が初めて抵抗と団結の象徴として掲げられました。


6月12日: この日はフィリピンの独立記念日として祝われています。1898年6月12日、エミリオ・アギナルド将軍はカヴィテ州カウィットでスペインの植民地支配からのフィリピンの独立を宣言しました。この宣言の際にフィリピンの旗が正式に初めて掲げられました。


国旗の日の期間中、フィリピン人は家庭、学校、政府機関、および民間の施設にフィリピンの旗を掲げることが奨励されます。旗の掲揚は国家の誇りと主権を象徴しています。この期間には、旗揚げ式典、教育プログラム、文化的なプレゼンテーションなど、様々な活動やイベントが組織され、旗と国の歴史を讃えます。

フィリピン国立歴史委員会(NHCP)は、旗の意義とそれが表す価値についての認識を促進し、この行事の観察を主導することが多いです。この期間は、自由と独立の追求における先祖たちの犠牲を思い起こさせるとともに、国の誇りと団結を再確認する機会でもあります。





「フィリピンといえば」ChatGPTの回答です



1. 美しいビーチと自然

- フィリピンは7,000以上の島々から成り、美しいビーチやリゾート地が多数あります。特に有名なのはボラカイ島、セブ島、パラワン島(特にエルニドとコロン)です。

- 世界遺産にも登録されている「プエルト・プリンセサ地底河川国立公園」や「ライス・テラス」があり、自然の美しさが堪能できます。


2. 文化と歴史

- フィリピンは多様な文化を持ち、スペイン、アメリカ、日本の影響を受けています。

特にスペイン統治時代の影響で、カトリック教会が広く普及しています。

- 有名な祭りとして、1月に開催される「シヌログ祭り」(セブ)、4月に行われる「モリオネス祭り」(マリンドゥケ)、5月の「フロレス・デ・マヨ」(聖母月の祭り)などがあります。


3. 食文化


- フィリピン料理は多様で、アドボ(肉の煮込み料理)、シニガン(酸味のあるスープ)、レチョン(ローストした豚)、ハロハロ(デザート)などが有名です。


4. 親切な人々

- フィリピン人は非常に親切でフレンドリーなことで知られています。訪れる人々に対して温かく迎えてくれることが多いです。


5. 歴史的建造物

- スペイン統治時代の影響を受けた建物が多く残っています。マニラのイントラムロス地区はその代表例で、スペイン風の城壁や教会があります。

- サン・アグスティン教会やビガンの町も、スペイン時代の建築を感じられる場所です。


6. エンターテインメントとスポーツ

- フィリピンは音楽やダンスが盛んな国で、カラオケやライブバンドが非常に人気です。

- バスケットボールも非常に人気があり、フィリピンプロバスケットボールリーグ(PBA)は多くのファンを持っています。


7. 経済とビジネス

- フィリピンは急速に発展している経済を持ち、特にBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業が盛んです。

- また、OFW(海外フィリピン労働者)として多くのフィリピン人が海外で働き、経済に重要な貢献をしています。


フィリピンは、その自然の美しさ、豊かな文化、親切な人々、そして興味深い歴史により、多くの人々に愛されています。

コメント


bottom of page