フィリピン共和国での撮影とロケコーディネーター

フィリピン国内で撮影を行う場合、プレスIDが必要になります

撮影をする箇所については、日本なら警察の道路許可証が必要となりますが、フィリピンではその場所が所在する市役所とバランガイに撮影許可証を取得するための手続きを行う必要があります。


バランガイ英語:barangay, タガログ語:baranggay)とは、フィリピン都市(cities)と(Municipalities)を構成する最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のフィリピン語である)


日本と状況が異なるフィリピンの撮影事情。

私たち外国人が安全に撮影を遂行できるように事前に準備が大切です


撮影日に合わせて仕込みをしても当日、全然違うものが用意されていたり、現場スタッフに話が通っていなかったりと、日本のようにスムーズにいかないことも多々あります


ロケが安全に尚且つ、制作者のイメージ通りの撮影が行えるように準備をする


これが撮影コーディネーターのお仕事です


SIDE-B FILM PRODUCTION WEB SITE

https://www.sidebfilmph.com


#フィリピン撮影 #フィリピンカメラマン #フィリピンロケコーディネーター #フィリピンコーディネーター #マニラロケコーディネータート会社 #フィリピン映像制作会社 #フィリピン撮影コーディネーター #フィリピンビデオグラファー #フィリピン撮影許可 #フィリピンセブ撮影


#フィリピン #フィリピン撮影 #フィリピン撮影コーディネーター #Manila #フィリピンビデオグラファー #フィリピン映像制作会社 #フィリピンロケ #フィリピンロケコーディネーター #フィリピンマニラ #フィリピンセブ島

#フィリピンドローン #ドローンフィリピン #Philippines #フィリピン #マニラ #Manila #Cebu #セブ #ダバオ #Davao #フィリピン撮影 #撮影フィリピン #ロケコーディネート #海外ロケ #フィリピン撮影コーディネート #フィリピンロケ #フィリピンマニラ映像制作会社 #映像制作会社マニラ #撮影許可フィリピン #フィリピン撮影許可 #フィリピン取材 #Phantom4Pro #フィリピンビデオグラファー #4Kvideo #フィリピンフォトグラファー #クラーク空港 #海外TVリサーチ #フィリピンTVリサーチ