top of page

フィリピンで人気の日本のアニメ!!誰もが歌えるテーマソング

更新日:5月30日

フィリピンで人気の日本のアニメ


フィリピン人の誰もが知っている日本のアニメがあります


その名は "超電磁マシーン ボルテスV "


みんなが歌える主題歌




「ボルテスV」がフィリピンで非常に人気がある理由は、複数の社会的、文化的、歴史的な要因が絡み合っています。



以下に、その主な理由を挙げます。


1. 社会的・政治的背景

**反圧政の象徴**:

- 「ボルテスV」が初めて放送された1978年は、フィリピンがマルコス政権の独裁体制下にあった時期でした。この政権は多くの市民にとって抑圧的であり、自由や民主主義を求める声が高まっていました。

- 「ボルテスV」の物語は、悪の帝国(ボアザン帝国)に対する抵抗と自由のための戦いを描いており、フィリピンの視聴者にとって共感できる内容でした。このため、「ボルテスV」は圧政に対する抵抗の象徴とみなされました。


**禁止措置**:

- 1979年に「ボルテスV」が放送禁止になったことは、逆にその人気をさらに高めました。禁止措置の理由は、暴力的な内容が子供に悪影響を与えるというものでしたが、多くの人々はこの措置を政権への批判を抑えるためと解釈しました。この禁止措置が「ボルテスV」をより強力な反抗のシンボルとしました。


2. 文化的共感

**家族と絆**:

- 「ボルテスV」のストーリーは、家族の絆や友情、犠牲といった普遍的なテーマを扱っています。フィリピン文化において家族は非常に重要な位置を占めており、これが多くの視聴者に共感を呼びました。


**ヒーロー像**:

- フィリピンの視聴者は、「ボルテスV」のキャラクターたちの勇敢さと正義感に強く惹かれました。特に若い世代にとって、彼らはロールモデルとなりました。


3. 時代背景とエンターテイメント

**新鮮なアニメーション**:

- 「ボルテスV」は、日本のアニメーション技術を駆使した高品質な作品でした。1970年代後半のフィリピンにおいて、こうしたレベルのエンターテイメントは非常に新鮮で魅力的でした。


**マーケティングとメディアの力**:

- 放送開始当初から「ボルテスV」は積極的にプロモーションされ、多くの関連商品(玩具やグッズ)が発売されました。これにより、番組の人気はさらに高まりました。


4. レガシーと再評価

**再放送とリバイバル**:

- 「ボルテスV」は何度も再放送されており、そのたびに新しい世代の視聴者に支持されています。


特に、2020年代には「Voltes V: Legacy」という実写とCGIを駆使したリメイク版が発表され、新たな話題を呼んでいます。


500万回の再生数をみると、フィリピンでの人気がうかがえます


主題歌を日本語で歌う Julie Anne San Jose




**世代を超えた人気**:

- 親世代が子供たちにこのアニメを紹介することで、世代を超えた人気を維持しています。これにより、「ボルテスV」はフィリピンの文化の一部として深く根付いています。


以上のような理由から、「ボルテスV」はフィリピンで非常に高い人気を誇っており、その影響力は現在も続いています。

Commentaires


bottom of page